図書館の朝!新刊図書納品時、荷ほどきをしている音
稲城市立図書館note【公式】
画像1

図書館の朝!新刊図書納品時、荷ほどきをしている音

稲城市立図書館
00:00 | 00:30
ごぶさたしております、図書館の「音」(ASMR=Autonomous Sensory Meridian Response)をどうぞ!

第20回の今回は「図書館の朝!新刊図書納品時、荷ほどきをしている音」です。図書館のバックヤードにて、一日の始まりを告げる音たちです。

第10回で「新刊図書納品時、紙の緩衝材を伸ばしたり整理している音」をお届けしました。今回はそのロングバージョンです。

以前もお伝えしたとおり、稲城市立図書館では、市内全6館で発注した図書や見計らい(中の人が実際の本を手に取り選書すること)用の新着図書が中央図書館に一斉に納品されます。その日まず担当者が行うのは、朝一で到着した図書の開梱・仕分けです。

作業はだいたい以下の段取りで進んでおります。
①ハサミでPPバンドを切る
②箱のテープを剥がす
③中を開け、緩衝材を取る
④新刊本を取り出し整理する

お聞きいただくとわかるように、この作業では
「切る」「剥がす」「開ける」「取る」「置く」など、豊富なラインナップで
図書館ASMRファン(?)には大変満足いただける内容となっております。

この音たちを聞いて、毎日のさわやかな朝にお役立てください。

この記事が参加している募集

私の仕事

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ご利用ありがとうございます!
稲城市立図書館note【公式】
東京都稲城市立図書館のnote公式アカウントです。ご案内から図書館の中の様子まで、第一・第二・第三・第四・iプラザ・中央の全6館の”今”を、よりディープに発信します! 図書館ホームページはこちら→http://www.library.inagi.tokyo.jp/