見出し画像

スタッフおすすめ資料『手紙は憶えている』(DVD)

こんにちは。稲城市立図書館です。

図書館ホームページ上で図書館スタッフが不定期に更新している「iブラリブログ」。

今回も図書館スタッフによる「おすすめ資料の紹介」です。

図書館スタッフが自分のお気に入りの本やCD・DVDなどを、様々なエピソードとともに紹介しています。どうぞお楽しみください。

今回のおすすめDVDは、『手紙は憶えている』です。

--------------------

タイトル:『手紙は憶えている』
監督:アトム・エゴヤン
出演:クリストファー・プラマー、マーティン・ランドー 他
資料コード:630308460
請求記号:D7BH/テ

クリストファー・プラマーという俳優さんをご存じでしょうか。
よく知られているのは『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)のトラップ大佐(のちにヒロインの夫となる)役でしょう。
渋くて素敵だったー。(しかし古い!)

その後、全然見ないけど引退したのかしら…などと思っていましたが、特に映画ファンではない私が知らなかっただけで、ずっと活躍なさっているようです。

この『手紙は憶えている』も、プラマーさんが80歳代半ばを過ぎた2015年の作品です。

プラマー演じる主人公のゼブは90歳。
認知症で、最愛の妻が亡くなったことすら覚えていられないぐらい、もの忘れがひどい…であるのに、ある日たった1人で復讐の旅に出る。
1通の手紙を大事に持って。

ゼブと友人のマックスはアウシュビッツ収容所の生存者で、かつてナチス隊員に大切な家族を殺されていた。
その隊員は名を変え、身分を偽り、今も生きているという。

身体の不自由なマックスは、自分が調べ上げた彼に関する情報を手紙に記し、ゼブに託したのだ。

認知症のゼブがすべてを忘れてしまっても、その手紙を読んで、また思い出せるように…。

アウシュビッツ、ナチス、復讐、という重い設定は日本人には正直ピンと来ないところもありますが、欧米の人々にとっては、まだまだ過去のことではないのだなと知らされます。

同時に、ちょっとうたた寝したぐらいで、目覚めたときには自分がどこに居るのかなぜここに居るのかも忘れているような状態なのに、一方では復讐心と使命感を失うことのないゼブの姿が、「そんなものなのかなあ」とやや奇異に感じられます。
(実はこれ、ちょーっとだけネタバレ)

プラマーはじめ、老俳優たちの鬼気迫る演技に引き込まれ、95分があっという間。

そして、その後にずずーん!と来ます。
いろいろと…

--------------------

★資料の検索はこちらからどうぞ!


ご来館お待ちしております!
5
東京都稲城市立図書館のnote公式アカウントです。ご案内から図書館の中の様子まで、第一・第二・第三・第四・iプラザ・中央の全6館の”今”を発信します! 図書館ホームページはこちら→http://www.library.inagi.tokyo.jp/

こちらでもピックアップされています

スタッフコラム・おすすめ資料
スタッフコラム・おすすめ資料
  • 13本

図書館ホームページ上で図書館スタッフが不定期に更新している「iブラリブログ」、図書館報「ひばり」に掲載しているコラム「nakanohito」など、スタッフが書いた記事を集めました。 「iブラリブログ」では、スタッフが自由に書いた「スタッフコラム」と、おすすめの本やCD・DVDを紹介する「おすすめ資料」の2コーナーがあります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。