画像1

所蔵資料のブックコーティング作業時、はさみでカバーを切り出す音

稲城市立中央図書館
00:00 | 00:30
図書館の「音」をお届けします。
図書館流「ASMR」(Autonomous Sensory Meridian Response)はいかがでしょうか。

記念すべき第一回は、「所蔵資料のブックコーティング作業(通称「装備」)のブックカバー切り出し音」です。何のことやら??

図書館に所蔵している本は、専用のブックカバーにてコーティングが施されております。この作業を、ブックコーティング、中の人は「装備」と呼んだりします。図書館の中の人にとっては登竜門的作業です。剥離紙を取り、一度貼ると修正が非常に難しく、職人的技術が必要なのです。

稲城市立図書館では、主に中央図書館にてスタッフが手作業で装備を行っています。その準備として、ブックカバーを本のサイズごとに専用のはさみで切り出します(カバー画像参照)。今回は特別に、その切り出している時の音をご堪能いただきます!

いきなりマニアックな音で恐縮ですが、こういった作業から、図書館の資料が一冊一冊用意されていることを実感いただけると、中の人はとても喜びます。
ご来館お待ちしております!
68
東京都稲城市立図書館のnote公式アカウントです。ご案内から図書館の中の様子まで、第一・第二・第三・第四・iプラザ・中央の全6館の”今”を発信します! 図書館ホームページはこちら→http://www.library.inagi.tokyo.jp/