画像1

図書館公式note開設のお知らせを「音声」で聴いてみたら、とても心地よかった

稲城市立図書館
00:00 | 00:30
図書館からのお知らせを「音声」で聴いてみましょう。
図書館の「音」(ASMR)番外編です。

番外編初回は、せっかくなので「図書館note公式アカウント開設のお知らせ」の音声をチョイスしてみました。

図書館だより「ひばり」には音声版もございます。
http://www.library.inagi.tokyo.jp/?page_id=293
稲城市でご活躍の音訳ボランティア「ペア」さんにより、作成されています。

こちらの音声版サービス、いわば図書館のユニバーサルデザインの一つでもあります。

音声で聞くのも、なかなかいいものです。文字よりも頭に入りやすいかもしれません。何より、「ペア」さんの読み方がやさしくて心地よいのです。おやすみ前にもおすすめかも?
いつもありがとうございます!
9
東京都稲城市立図書館のnote公式アカウントです。ご案内から図書館の中の様子まで、第一・第二・第三・第四・iプラザ・中央の全6館の”今”を発信します! 図書館ホームページはこちら→http://www.library.inagi.tokyo.jp/

こちらでもピックアップされています

図書館のこと
図書館のこと
  • 23本
コメント (2)
稲城市図書館   様

初めまして、いきなりのコメント失礼します。
北海道在住、プロポーズプロデューサーの山中淳一と申します。
この度は、僕のnoteを見て下さりありがとうございます!

note読ませていただきました。

僕は3歳の娘がおり、最近は娘と隔週で札幌市「えほん図書館」に行くことが習慣になっており、「絵本」のパワー、魅力は毎回、感じてます!

正直、独身の時は、本嫌いの僕が図書館に通うなんて想像もしていなかったですが、こうして、パパとして娘と「図書館」という場所に通い、図書館の大切さを身に染みて感じてます。

その中でも、「note開設」するのは札幌市でも北海道でも本当にやっていないので、稲城市図書館のような時代のニーズに合わせた、且つ、ユニバーサルな図書館は、本当に素晴らしいと思いますので、物凄く共感できました☺☺

フォローさせて頂きましたので、これからも読ませて頂きます。
僕も「愛の伝道師」として”愛を込めて”記事書いてますので、もし良ければ、今後も覗いてもらえれば幸いです!
プロポーズプロデューサー 山中淳一様

コメントありがとうございます。
そして素敵なエピソードありがとうございます!

札幌市にも「えほん図書館」や「札幌市図書・情報館」など素晴らしい図書館が多くありますよね!

ぜひお近くの図書館をどんどんご利用ください。
そして、当館のnoteやSNSも覗いていただけると、中の人は大変喜びます…!

今後とも公立図書館をよろしくお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。