画像1

地下の自動書庫で、ロボットが懸命に本を運んでいる音

稲城市立図書館
00:00 | 00:30
図書館の「音」をお届けします。
図書館流「ASMR」(Autonomous Sensory Meridian Response)はいかがでしょうか。

第四回は、「地下自動書庫で、ロボットが懸命に本を運んでいる音」です。図書館の地下にロボットがいる??

中央図書館には、地下に書庫があります。こちらは自動化された書庫となっており、中の人が出納しているのではなく、ロボットが行っています。
この様子は、中央図書館の見学コースでは鉄板と言えるほど、毎度喜ばれるものでもあります。

こちらは、専用のシステムで管理されていて、館内の端末から出庫依頼を出すと地下の書庫が動き出します。一冊ずつ運ぶわけではなく、コンテナごとに資料が入っていて、それをロボット氏が運んで、地上にある図書館出庫口に引き上げます。

このロボット氏の主力はベルトコンベアです。「カタカタ」という音は、ロボット氏が書庫と出庫口を往来している音です。合間に聞こえる「グォーン」という音は、ロボット氏が運んできたコンテナが、フリーフォールのようなカゴで地上に上がっていく音です。

今日も地下では、カタカタとロボット氏が懸命に本を運んでくれているのでした。見学ご希望の方はお問い合わせください!
ご来館お待ちしております!
8
東京都稲城市立図書館のnote公式アカウントです。ご案内から図書館の中の様子まで、第一・第二・第三・第四・iプラザ・中央の全6館の”今”を発信します! 図書館ホームページはこちら→http://www.library.inagi.tokyo.jp/

こちらでもピックアップされています

図書館のこと
図書館のこと
  • 23本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。