画像1

相互貸借資料をご提供する準備で、点検済印を12冊分押している音

稲城市立図書館
00:00 | 00:30
図書館の「音」(ASMR)をどうぞ。第13回の今回は「相互貸借資料をご提供する準備で、点検済印を12冊分押している音」です。相互貸借?こんな四字熟語、習ったことない??

東京都内公共図書館間では、お互いに資料の貸し借りを行うことで図書館サービスの補完を図っています。このサービスを、おもに「相互貸借(そうごたいしゃく)」や「協力貸出」などと呼びます。

東京都立図書館がその取りまとめを行っていて、原則毎週各図書館に配送されてます。中の人はこのことを「相互(ソーゴ)」「相貸(ソータイ)」「都立便(トリツビン」などと呼んだりします。

この仕組みを利用することで、利用者の方からのリクエストが、稲城市内どの図書館にも所蔵していない資料だったとしても、東京都内の公共図書館どこかにあれば借り受けすることができます。

それでも見当たらない場合など、ごく稀に国立国会図書館から借り受ける場合もあります。(一部、貴重書など館外への貸し出しができない資料も稀にあります。そのような資料は「禁帯出資料」などと呼びます)

そうです、世の中にある本のほとんどは、お近くの公共図書館で借りることができる!と言っても過言ではないのです。

お互いの自治体や都立図書館から貸し借りをする資料ということもあり、扱いはいつも以上に慎重です。ご利用者に提供する際には、取り寄せた資料の状態を記録し、さらに専用のカバーをしてお貸しします。

今回の音は、中央図書館からご提供する資料を準備している時に出ている音です。状態点検をした際に付箋に記録しており、その点検済のスタンプを押している音なのです。今週のご提供は12冊でした。

図書館以外の職場でも、スタンプを連打?されている場面があるかもしれません。だんだんリズミカルになっていきます。この音もじわじわ情景が浮かぶように思うのですが、無理でしょうか…!

この記事が参加している募集

私の仕事

ご来館お待ちしております!
18
東京都稲城市立図書館のnote公式アカウントです。ご案内から図書館の中の様子まで、第一・第二・第三・第四・iプラザ・中央の全6館の”今”を発信します! 図書館ホームページはこちら→http://www.library.inagi.tokyo.jp/

こちらでもピックアップされています

図書館のこと
図書館のこと
  • 26本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。