見出し画像

こんにちは。稲城市立図書館です。

稲城市立図書館と申します。

このたび、公式noteを開設しました。

図書館のご案内から、図書館の裏側や中のことまで、さまざまな情報をお伝えしていきます。初めての方も、もうご存知の方も、どうぞよろしくお願いいたします。

稲城市立図書館は、東京都の南、稲城市に全部で6館ございます。

公式noteでは、図書館からのご案内だけでなく、中の様子など図書館のディープなこともご紹介していきたいと思います。覗いてみてください。




この記事が参加している募集

自己紹介

ご来館お待ちしております!
19
東京都稲城市立図書館のnote公式アカウントです。ご案内から図書館の中の様子まで、第一・第二・第三・第四・iプラザ・中央の全6館の”今”を発信します! 図書館ホームページはこちら→http://www.library.inagi.tokyo.jp/

こちらでもピックアップされています

note pro自己紹介記事まとめ
note pro自己紹介記事まとめ
  • 220本

noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

コメント (1)
稲城市立図書館 さま

初めまして。広尾ざんと申します。
この度は投稿記事にスキして頂き、ありがとうございます。

近所に稲城市立図書館があれば、今すぐお礼もかねて、鼻歌まじり。
スキップで伺うところですが、遠方の人間のため、あいにくそれが出来ません。

でも、グーグルマップで稲城市立図書館にお邪魔する際のイメージトレーニングはしっかりと積んでおきました。稲城市立中央図書館で本を借り、喫茶シュロスベルグでビーフカレーを食べ、城山公園の階段から転げ落ち、近くの稲城市立病院に運ばれるという一連の流れが、僕の中では見えております。

まぁー、冗談はこれぐらいにしまして、
稲城市の、特にお子様達に、本の素晴らしさを伝えてあげて下さい。
外で遊ぶことも大切ですが、本でしか学べないこともまた人生にはあるはずです。

将来、稲城市にご縁があれば是非伺わせて頂きます。
この度はありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。