この15年の「私のイチ推し」は何ですか?――中央図書館開館15周年企画②
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

この15年の「私のイチ推し」は何ですか?――中央図書館開館15周年企画②

2021(令和3)年7月1日に、稲城市立中央図書館は開館15周年を迎えます。この記念すべき日を利用者の皆さまと祝うべく様々なプロジェクトが動き始めました。

今回ご紹介するのは「イベント班」の活動です。
「イベント企画したい人この指とまれ♬」で集まってきたメンバーは5人。イベント経験ほぼゼロ、不安がいっぱい、でもなんだか楽しそう!というお祭り好き?の人たちです。

中央図書館を支えてくださってきたすべての人たちへ感謝の気持ちが伝わるイベントにするべく、最初は自由に思いついた企画をメールで連絡しあいました。

上がった企画数は実に26!著名な作家をお呼びしての講演会、中高生向けに文章力アップの講座、就活に役立つ自己アピールのワークショップ、大人のための星空講座、コミックを語る読書会、 応援団に来てもらう、ミニコンサート、古本市、夜の図書館散歩、謎解きイベント、図書館の本でしりとりゲーム、移動図書館、図書館マルシェなどなど。

それらを「講演会」「お楽しみ企画」「利用者参加型」「展示」の4項目に部門を分け、全員集まったところで精査していきました。

画像1

昨年から続くコロナ禍の影響はまだまだ強く残っています。本来ならば開館15周年の目玉企画となるであろう、一度にたくさんの人に集まっていただく講演会のような企画は、まだまだ状況を見る必要があると思われます。

始まります!“教えてください!「私のイチ推し」”企画

利用者の方が安心して安全に参加でき、さらに、15年の図書館とのかかわりが形になるようにと考えたのが、“教えてください!「私のイチ推し」”です。これは、「私のおすすめは○○です」に、おススメのタイトル、「こんな人におススメ」にどんな人に読んでほしいかを書いていただき、図書館のエントランスに掲示していくという企画です。

中央図書館では、今や名物となった「毎日展示」をはじめ、毎月10か所以上の場所でテーマ展示を展開しています。しかし、利用者の方からほかの利用者に向けておススメを発信するという試みは稀です。

この15年、図書館で借りて印象に残った資料(本・音楽・映画)にはどのようなものがあるのでしょう。懐かしいタイトルも出てくるでしょうし、そんな本が図書館にあったの?ということもあるかもしれません。「こんな人におススメ」も今回の企画の注目点です。どんな人を思い浮かべたのかが伺えるのがとても興味深いところです。始まる前からワクワクしてしまいます。

“教えてください!「私のイチ推し」”企画は図書館のホームページやフェイスブックなどのSNSでも募集する予定です。ここのところ足が遠のいているけれど、以前は稲城市立中央図書館をよく利用していたのよという方も、フェイスブックやツイッターやnoteなどのSNSでフォロワーになってくださっている遠方にお住まいの人も、「私のイチ推し」「こんな人におススメ」を教えてくださいませんか?イベント班があなたの「推し」を掲示させていただきます。さらに、9月には「私のイチ推し」を集めた展示も展開する予定です。


「私のイチ推し」を話してみませんか?ビブリオバトル開催

ビブリオバトルを聞いたことがありますか?
ビブリオバトルは、読んで面白いと思った本を参加者がそれぞれ持ち寄り、一人5分でその本を紹介した後、2分間のディスカッションタイムが設けられます。最後に参加者全員でどの本が一番読みたくなったかを投票し、最多票を集めた本が『チャンプ本』となるというゲームです。

稲城市立中央図書館では毎年ビブリオバトルを行ってきました。今年で7年目になります。昨年は初めての試みとしてZoomでの開催を行いました。ホームページでも呼びかけたため、遠くは群馬県からの参加者もいました。

 今年は「私のイチ推し」企画の一環としてビブリオバトルを開催します。全国どこからでも参加できます。その本の魅力を言葉で語りつくし、聞いた人を「ぜひその本を読んでみたい!」という気持ちにさせてみませんか。

稲城市立中央図書館の会場の参加希望者とZoomの参加希望者と、両方での開催を想定しています。Zoomは不安な人もいらっしゃるでしょう。どうぞ図書館のご参加をご検討ください。


まずは、イベント班で。体験、ビブリオバトル

ビブリオバトル???見たことも聞いたこともない……そんな方にもビブリオバトルがどんな会なのか、参加したらどんなふうに感じるのか、イベント班では紹介と広報を兼ねて、6月29日(火)にデモビブリオバトルを開催することになりました。バトラーは司会進行兼写真撮影を除く4人です。

招待メールを受け取り、Zoomに参加するところから写真付きで紹介していく予定です。一人でも多くの人に興味と関心を持っていただき、「私のイチ推し~ビブリオバトル」にご参加いただけるよう、自分たちで実際に体験したナマの声を7月上旬にnoteにアップします。ご期待?ください。

私たちイベント班は、15年の節目にあたり、中央図書館を支えてくださってきたすべての方々に感謝の気持ちをイベントという形でお伝えできることを目指しています。今後の状況によってはさらに楽しいイベントが開催できるかもしれません。稲城市立中央図書館開館15周年という祭りを一緒に楽しみましょう。

(稲城市立中央図書館開館15周年記念事業 イベント班)

稲城市立中央図書館 開館15周年記念事業
稲城市立中央図書館は2021(令和3)年7月1日に開館15周年を迎えます。
これを記念に、さまざまな企画を開催していきます。
図書館ホームページでは、特設ページをご用意し、15周年記念事業について随時お知らせしております。
ご利用ありがとうございます!
東京都稲城市立図書館のnote公式アカウントです。ご案内から図書館の中の様子まで、第一・第二・第三・第四・iプラザ・中央の全6館の”今”を、よりディープに発信します! 図書館ホームページはこちら→http://www.library.inagi.tokyo.jp/