マガジンのカバー画像

中央図書館15周年記念事業のうらおもて

22
2021(令和3)年7月1日、稲城市立中央図書館は開館15周年を迎えました。これを祝し、さまざまな企画が開催。その一部始終をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

司書が喫茶に取材した ~喫茶シュロスベルグも15周年!――中央図書館開館15周年企画…

中央図書館と、隣接の城山体験学習館の間にあって、交流広場や城山公園の森林を見渡せる喫茶シ…

未来へつながるイベント!小川こころ氏講義+文章ワーク「文章が変われば世界が変わる…

稲城市立中央図書館開館15周年企画「イベント班」の最後の取り組み、 2022年3月21日(月)開催…

司書が司書に取材した⑫ ~貸出促進班の14個目の展示は時代を切り取ったノンフィクシ…

2021年度の開館15周年記念事業の中で生まれた4つの班の一つ「貸出促進班」は、本当にさまざま…

司書が司書に取材した⑪ 図書館でノベルティを作ってみた!~ノベルティ班が作ったの…

2021年度の開館15周年記念事業の中には、図書館をご利用してくださった方々にお礼の気持ちを伝…

開催しました! 柳瀬博一氏による一般講演会 「『国道16号線』と多摩の未来」 …

2021年7月1日に迎えた、中央図書館開館15周年。この記念事業のひとつとして、今回は「イベン…

司書が司書に取材した⑩ 図書館で運試し!~貸出促進班の集大成「おみくじ展示」――…

2021年7月1日の中央図書館開館15周年を記念した企画も終盤戦です。 開始当初は「何が始まるの…

司書が司書に取材した⑨ 輪投げ:図書館初⁉…人生で初輪投げのお子さんも続出!――中央図書館開館15周年企画の裏側

2021年7月1日の中央図書館開館15周年を記念した企画も終盤戦です。 開始当初は「何が始まるの?」「記念企画ってどういうもの?」「通常業務のかたわらに出来るのかな、心配。」「時間が足りない予感…」といった声が聞かれたように思いました。 そしてすでに年は明けましたが、今でも聞かれる声は。 「15周年の次の企画はね~」「貸出促進班の次の展示は何?」「忙しそうだね、手伝うよ」…イベント開催や展示企画、ノベルティ品の配布、SNS発信などを通して、15周年企画ありきの図書館業務を前

スキ
26

司書が司書に取材した⑧ 覆面展示:展示なのに本を隠しちゃう⁉ ――中央図書館開館15…

2021年7月1日の中央図書館開館15周年を記念した企画も終盤戦です。 開始当初は「何が始まるの…

司書が司書に取材した⑦ 企画の広がりはどこまでも(1)――中央図書館開館15周年企画の…

 2021年7月1日の中央図書館開館15周年を記念した企画も終盤戦です。 開始当初は「何が始まる…

司書が司書に取材した⑥ 期待を倍返しするスタッフの巻――中央図書館開館15周年企画…

ポンっと突然、企画は生まれるものではありません。貸出促進班の企画はアイデアや工夫、人との…

司書が司書に取材した⑤ “推し”てみたら繋がった思い――中央図書館開館15周年企画…

秋。図書館でも長時間滞在をご遠慮いただく状況が続いていますが、ご来館いただいた際に見逃せ…

本好きの語らい、はじまる。――中央図書館開館15周年企画の裏側

ついにビブリオバトル当日を迎えました。 私(筆者)は観覧のみの募集枠として参加し、事前の…

図書館の中の人、ビブリオバトル参戦日記――中央図書館開館15周年企画⑥

7月1日に迎えた、中央図書館開館15周年。この記念すべき日を利用者の皆さまと祝うべく様々な…

司書が司書に取材した④ デモ・ビブリオバトルの裏側:バトラーに聞きました。――中央図書館開館15周年企画の裏側

この記事をご覧下さっている読者の方は、ビブリオバトルに参加したことはあるでしょうか?「興味があるからもっと知りたい!」と思っているところでしょうか。 稲城市立中央図書館15周年記念事業・イベント班の活動の一つに、ビブリオバトル(2021年8月22日開催)がありますが、関連する展示企画やデモ・ビブリオバトルの記事があります。 そこには、ビブリオバトルの基本的なこと、Zoom利用で自宅から参加している様子、実際の“バトル本”の紹介などが詳しく載っています。その中に印象的な文章

スキ
34